LINE・メル友・友達募集|日本全国・海外


訪問者:281人
今日:1/昨日:0

トリッキー村のサキは小説を書きます。
2018/07/09 20:51
1/さっきー村のとりっきー|PC
年齢:秘密
住所:関東

返すのあした以降になります。
ダサいのでダサいと思う人はいってください。
じゃんじゃんいっていいですよん。
((最近情緒不安定です





ツイート
編集|削除


書く|更新|検索|
画像|新順/古順⇒30件

2018/07/29 19:57
32彼女欲しい男高2|PC

続きー


編集|削除

2018/07/27 11:49
31さっきー村のとりっきー|PC

中断です!ご飯!


編集|削除

2018/07/27 11:49
30さっきー村のとりっきー|PC

 「ブオゴクガ」
 急にその位置のまま、頓珍漢な言葉を発した。“ブオゴクガ”…?
 すると、もう一人の男性が、口を挟んできた。
 「ああ、すまんすまん。マスターはたまに理解できん言葉を発するんじゃよ。気にせんでええ」
 「いや、意味なくはないんだが…。まあ、いい。君…。何が欲しい?何を、飲みたい?」
 「あ、まずここって、何のカフェですか?」
 マスターはいかにも大人を感じさせる表情になり、窓から見える蒼蒼と生える草木を眺める。


編集|削除

2018/07/27 11:44
29さっきー村のとりっきー|PC

 「連れてきたぞ。何歳でも宜しいそうじゃと」
 「あっ、そうですか。わざわざありがとうございます」
 私は男性に話しかけられ、やっと現実の世界へと戻ってこれた。
 マスターはというと、昂然とした様子だ。その表情に、思わず、目が眩む。
 すると、マスターは、不意に私に顔を近づけてきた。それも、かなり近い距離まで。私は、いきなりのことで、脳内が忙しく混乱する。


編集|削除

2018/07/27 11:41
28さっきー村のとりっきー|PC

 まず、体格からして素晴らしい。見るもの全てが、きっと魅了されることだろう。捲ってある袖の下から見える筋肉。程好い体の細さ。
 私は生きてきて、人をこれほどまでに素晴らしいと思ったのは、これが最初かも知れない。最後、かも知れない。
 よく見ると、左右で目の色が微妙に異なっている。左目が、深い深い海の色。右目は、エメラルドグリーン。その瞳の美しさに、吸い込まれそうになってしまうほどだ。
 どこの国の人だろう。見当がつかない。アジアの人ではないことが予測できる。


編集|削除

2018/07/27 11:36
27さっきー村のとりっきー|PC

 「貴方は…お客、ですか?」
 男性がしわがれた声で、尋ねてきた。飲み物をすすりながら。
 「は、はい…そのつもりで来たんですが…も、もしかして、ここ、未成年は駄目だったりします?」
 「そこら辺はマスターに聞かんと分からんなぁ。ちょいと待っとってくれ。呼んでくる」
 男性はそう言い残し、奥にあったドアの中に引っ込んでいった。
 私は、先程の男性の妙な表情。そして、そのあとの驚いた顔が頭に焼き付いて離れない。何らかの理由があったのだろうか。
 _入店しただけであんなに驚かれても、こっちも対応に困る。
 一分も経たないうちに、奥のドアが開いた。その瞬間、私はマスターを見て目を奪われた。男性だ。


編集|削除

2018/07/27 11:31
26さっきー村のとりっきー|PC


 古いドア特有のギィという音がしてドアが開くと、カウンター席に、一人の年老いた男性の姿があった。
 その男性は、あたかも珍無類なものを見たかのような表情で、私のことをまじまじと見つめてきた。
 その五秒後、男性が目を、異様なくらいに見開く。


編集|削除

2018/07/27 11:28
25さっきー村のとりっきー|PC

 少し、その多さに怯んだが、ドアの方へと震える足でいく。
 ドアの前に到着するも、未知なる世界への入り口のようで、安易に開けることが不可能な状態だ。
 ここは、高校生なんかが来てよかったのだろうか。私は、そんな感覚に襲われる。この静けさ、大量の瓶等からして。
 しかし、遅かれ早かれどうせ入るんだったら、早い方がいい。
 そう今さら感じ、立ち往生を止め、ドアにそろそろと手を伸ばばした。


編集|削除

2018/07/27 11:24
24さっきー村のとりっきー|PC

 店の雰囲気に、少し違和感を体に憶えたが、そのまま先へと突き進んでいく。
 とても長い廊下が、そこには続いていた。廊下には、無数の瓶が並びに並んでいた。その一つ一つに、花が。


編集|削除

2018/07/27 11:21
23さっきー村のとりっきー|PC

 「こ、こんにちはー…」
 入ると、私の声だけがやけに店中に響きわたる。そこには、人の姿はなかった。
 どうやらここは、靴をしまう為だけの部屋になっていたことに、今気がついた。


編集|削除


前へ次へ
/3

書く|更新|検索|

Copyright(C)2015

通報する
SMALOG TOP
スレッド一覧へ

SMALOG|レンタル掲示板
鍵付き・ブログ・ホムペ